□□大学図書館

  • 小
  • 中
  • 大

文字サイズ

 

図書館向けデジタル化資料送信サービス

国立国会図書館内での利用に限られていたデジタル化資料(約200万点)が、国立国会図書館の承認を受け本学図書館内で閲覧・複写可能となりました。利用は図書館1Fカウンターです。詳しくはカウンター職員まで。

1)利用時間

  • 開講期間 8:45~16:45
  • 閉講期間 開館時刻~閉館15分前

2)利用者できる人

  • 学生 及び 大学院生 (科目等履修生、聴講生、研究生を含む)
  • 学校法人聖学院教職員 ( 非常勤を含む )
  • 本学卒業生、修了生 及び 退職教職員

3)利用方法

閲覧用端末は、相談カウンターにあります。利用を希望される方は、相談カウンターの職員に申し出てください。

4)禁止事項

以下のような行為は出来ませんので、ご注意ください。

  1. 閲覧用端末の館外への持ち出し
  2. 利用者が持ち込んだノートパソコン、USBメモリその他の外部記憶装置の閲覧用端末への接続
  3. 閲覧用端末の画面の撮影
  4. 画面キャプチャ、スキャニング及び資料の電子ファイルの取得